Jinくん大好きMe-yaのひとりごと😚

赤西仁くんに嵌まって、10年以上経ちましたが、その魅力に逆らえずますます好きに加速しつつある毎日😚日々思った事を不定期に呟きます。初心者🔰なのでお手柔らかによろしくお願い致します✋ Twiitterは@tiarajinakaです。コメントは出来たらこちらにお願い致します。

留学と脱退の闇について?そして返り咲いた逞しい我らが仁くん?

こんばんは~✋
始めに言いますがこの記事はAFツアー最中の9月に書いたもので、タイミングがなく更新していませんでしたが、
一昨日、留学から10年経った事で振り返りの為、表に出そうと思いました。
ちょっと重いものですが、自分の書いた時のそのままの気持ちです。
私はあくまで仁くんのファン側からしか考えられないので、もし失礼があったら申し訳ないですが書き留めておきますね。



前々回に、「誤解されやすい人」の記事を書いたら今までで一番共感を頂きました

me-ya.hatenadiary.jp


中にはその時期の後にファンになった方から、そんな事があったなんて、大変な時期があったんですね~(泣)って言葉も頂いたりして…

そうなんですよね…
今と比べたら別人に見える時がありました
あの時期の仁くんの内面に起きた事が、多分その後の留学と脱退に繋がってると思うのです


結成して5年経ってやっとデビューした半年後に、いきなり留学は誰もが驚いたし私もお先真っ暗で気持ちはどん底でしたが…記者会見までしたけどTVに映る仁くんの顔がやつれていて元気なくて?
一応半年って期限付きだったけど、どうなるか解らないって言う放心したような仁くんの顔つきに不安を感じ…もう戻って来ないのでは?って? 側で見守ってくれた中丸君と田口君には感謝、来てくれた時にホッとした表情で笑顔が見れて、どんなに緊張していたんだろうってwww.youtube.com
youtubeさんからお借りしました


でも当時は全部仁くんが悪いって報道が酷かったですよね。それは表面的に見たらそう言われてしまうのは仕方ない事かもしれませんでしたが…
他坦さんからも非難されたり申し訳なかったり
だから余計に不安になりました

まぁ理由については色々憶測はありましたが、本当の事は解らないのでここには書きません
私はどうしても仁くんを擁護してしまうし…


毎日どん底みたいな気持ちで半年を過ぎる頃、突然の復帰?次のシングルの喜びの歌を仁くんパートを入れて収録し直し、新しいアルバムも録り直して入れるとなりビックリ?‼

復帰会見も観ました‼その時間、ちょっと遅れて仕事から帰った私をご近所さんが1軒に集まってて、私は仁くん見た瞬間に泣いてしまいかっこいい~❤変わってないね~
って大騒ぎで皆で興奮して観ていました?

久々に観る仁くんはちょっと日焼けして、精悍でカッコ良かったです?

www.youtube.com
YOUTUBEさんからお借りしました。
懐かしいですね~


トントン拍子で春のツアーも仙台から途中参加も決まり、私はドームから参加出来ましたが嬉しい毎日が何年か続き、またKAT-TUNを楽しく応援しましたね~?


ドラマも有閑倶楽部に主役でいきなり連ドラ出演し、雑誌ラッシュで楽しい毎日が続きこのままグループ活動が順調に続くかと思いすっかり安心していました…


でもまた徐々に翳りをみせてきた仁くんにちょっと不安を感じながら応援しました
今の仁くんしか知らない人は想像出来ないと思いますが、殻を被っている感じと言うか特に歌番組のTVに映ってると大人しくなっちゃって、寡黙でいるとそれこそ態度悪いとか誤解されやすい感じでしたね?
いま思うとTVでは上手く話せないのと、グループだとトークは他に任せてしまっていたのかな?


仁くんはファンの欲目と言われるかもしれないけど、ライブに行くとうちわの売上げはいつもトップを争い歓声も凄かったし、オーラや自分を魅せる力も一番あったと思います
じんかめ人気も凄かったし、ファンも特に多かったかなと


でもソロコーナーは頑張るけど、皆でやるのは手抜きだと言われたり?
やはり目立つタイプだし、復帰してもずっとあれこれ叩かれる存在でした?


2010年は友&仁のソロライブも初めてやってそちらも充実していたのですが、突然春からのツアーには仁くんはアメリカのツアーがあるから参加しない、2wayで行くと発表があり、でも脱退はないと表明したのに7月のドームツアーの最終日に新聞で正式に脱退が発表されたんでしたね

ジャニーさんのコメントも「2度目はない。ファンは許しても世間は許さないだろう。」と、2WAYを認めてやらせたのは事務所なのに、とても納得できないコメントが新聞に載りました。


これは本当にショックでした?
ツアー最終日にじん君が来るのを願掛けするように、チケットを取っていたのでその翌日のライブに行きましたが、その場にいるのが辛すぎて仁くんのいないKAT-TUNをもう応援出来ないと思ってしまいました?


この時も仁くんは何も言い訳せず、メンバーに対して迷惑かけていままでごめん、ありがとう、楽しかったとだけ
あと引き続きKAT-TUNを応援してあげて欲しい
決して嫌いになって辞める訳ではないと公式で言っています。
www.youtube.com
www.youtube.com
Youtube さんからお借りしました


この2つの動画の違和感?
私達には何も知らされずこんなガラリと変わってしまったのです?

真実は解りません
仁くんからは方向性の違いと、ソロで頑張るとしか発表がないので何が原因とは解らず


ソロでやるとか、いつから思っていたのかな?
やる気がないとか態度が悪いとかずっと言われてたのも本人には何か理由があるはずで、
仁くん側からしか考えられない盲目なファンの私からすれば、仁くんばかり悪者にしたのはやはりあの事務所のお得意な事なんですねとは思います?
あの時は仁くんも仁くんファンも本当に針のむしろでした?


でも私はKAT-TUNが好きでした
メンバーと楽しく絡む仁くんをもっと見たかった
だから初めは辞めて欲しくなかったしソロをやるにしても両立して欲しかった
その先の仕事の心配もありました
だから本当は残って欲しかったけど、仁くんの意思で辞めたのなら、そこがクリアになれば納得出来たけどそこが曖昧だったので長年モヤモヤしました
でもその重要な部分は、ずっと解らないままなんだと思います



纏まりなくなってしまいましたが(笑)
自由仁と言われて色々あった仁くんですが、いつどこに行ってしまうのか不安な時期も多かったのに
今こうして10年後も、こうして歌い手として私達の前にいてくれてビックリ?有り難いですね?


以上が9月頭に書いたものです✋



脱退後に結婚した事による、1年半の休止活動もありましたが、退社後はずっとソロの仁くんの活動を観られる機会があり、今は本当に幸せな毎日で?

いまソロで自由にやっている仁くんを見て、仁くんを応援出来る場があれば笑顔が見れたら、充分だなと徐々に思えるようになりました?

嫌いになろうと思っても出来なかったけど、ずっと好きでいて良かったなと思います?

そして、こうしてJINTAKAのコラボを楽しそうにしている仁君を、留学会見の10年後に観られるなんて本当に何が起こるか解らないですよね。あの時はどん底の日々でしたが、じん君がこうしてどんな形にせよ、TVの世界に戻ってきてくれた事に感謝して、諦めないで応援し続けて良かったし、これからも仁くんをずっと応援して行きたいと誓った今年の10/12でした。


そして、あれほど懐古厨だった私が最近KAT-TUN時代を振り返らなくなったのに気付きました。
この件を書こうと思いつつ…こちらも重いのでまた改めてまた書きますね。


いつも以上に長く纏まりのない文章で失礼しました。